SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
筑波8耐
8/26(土)は筑波8耐に参加します。
(準備等でゴタゴタしているので画像とかはなしの更新です)
当日出発だときついので、前日の今日、出発します。
夏ツーリングの感じで現地からメール更新とかするかも。
| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
寝ます
筑波のスーパー銭湯で仮眠
| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
筑波8耐当日
天気が微妙…
小雨
| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
筑波8耐スタート
20060826_239221.jpg


| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
ピットで休憩中
20060826_239310.jpg


| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
5時間経過
みんな疲れてきた
| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
筑波8耐無事終了
疲れたけど楽しかったです
| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
筑波8耐2006


以前より興味がありつつも参加を見送っていた耐久系イベント「筑波8耐」に参加。メンバーはスナ、走り屋さん、忍者麺、まーさん、H高さんの5人。皆この手のイベントは初参加ということで、期待と不安を胸に筑波へ乗り込んだ。

前日に現地入りし、某所にあるスーパー銭湯にて仮眠をとった。当日の朝、鉛色の空からはパラパラと小雨が降っていて、いきなり気持ちが萎える。こんな天気の中走りたくない。そしてパドックの雨対策などの準備もしていない。

しかし、会場である筑波サーキットに到着した後に天気が持ち直して、以降は曇りの天気で持ちこたえた。ある意味、快晴より気温が抑えられて、最適な天気だったかも。



初めての参加で段取りがうまくいかずにパドックエリアにたどり着くまでに時間がかかってしまい、もうほとんど場所がなかった。でもかろうじて自分たちのスペースを確保することができた。

試走時間が始まったので、走る準備をして試走に出かけた。筑波サーキットは1周約2kmで、クローズドサーキットならではのきれいな路面と平坦路のおかげで簡単に速度が上がる。

風を遮るものがないので単独走行だと風圧がきついが、集団で走れば楽に30km/h台後半〜40km/h前半が出せる。車を気にせずに高速で思いっきり走り続けられるというのが気持ちよかった。



8時間耐久レースの前に、20周年記念の1周TTが開催された。当日参加イベントということで、急遽参加することに。もちろん、チーム最強の忍者麺がエントリー。鬼漕ぎで目の前を通過していった。

結果はなんと3位。本人曰く、「最初で飛ばしすぎて後半バテた」とのことだが、この人数の中で3位は賞賛に値する。普段からもっとトレーニングしていたら、きっといろんなレースで活躍するんだろうなぁ。


↑ ル・マン方式のスタート


メインイベントの耐久レースのスタート時間が近づく。走行順は忍者麺、走り屋さん、スナ、H高さん、まーさんの順。ル・マン方式のスタートで、300チーム以上が一斉にスタートする瞬間は壮観だった。


↑ ライダー交代時はスムーズなセンサー交換が大事


ときどきカーブなどで落車がありつつも、全体的には平和にレースが進んでいった。うちらのチームも1人4〜5周のローテーションで順調に周回を重ねていく。ライダー交代の際は補佐役が1人付いて、フォークに装着するセンサーの交換を行った。


↑ ピット上からのホームストレート


ちょうどいい速度の集団を捕まえて後ろに付く事ができればいいが、集団が見つからずに一人旅になるとかなりきつい。走っているうちにわかってきたが、一人になってしまったら無理せずに後ろから来る集団を待った方が効率がいい。

おれの最初の走行ではほとんど単独で飛ばすことになり、急激に高負荷の運動をしたものだから、交代した後も腹痛や息切れが治らず、かなりの時間ぐったりしていた。最初に無理しすぎるのもよくない。


↑ 久しぶりに食べた函館カレー


1度走ると数十分は休むことができる。ガスを持参したので、お湯を沸かしてカップラーメンを食べたり、米を炊いてレトルトカレーを食べたりして、簡単な飯でエネルギーを補給した。


↑ パドックエリア


パドックでは、まーさんが持参したブルーシートの上に各自用意したイスに腰掛けて休憩したが、他のチームは皆屋根付きだった。日差しや雨も防げて、魅力的なアイテムだ。次回は是非とも用意しておきたいところ。

逆に、他のチームは使ってなかったけどうちらが使っていたアイテムで素晴らしかったのは、トランシーバー。まーさんが用意してくれたこのアイテムのおかげで、どのタイミングでピットインするのかがわかって、交代がスムーズに行えた。走りながら無線に向かってしゃべっていると、ツールの選手気分だ。


↑ 6時間経過


数時間が経ち、みんな走行に慣れてくる。いい集団を捕まえれば、全然疲れないまま交代することもある。時々、数十人の大集団に吸収される。空気抵抗が少なくなって非常に楽だが、一列になったり二列になったりと不安定な動きとなることもあり、接触しないように注意が必要だ。


↑ 交代を待つスナ(写真:忍者麺提供)


今回は、夏休みツーリング前に買って置いたQuickStepのアルカンシェルジャージを初めて着て走った。2005年の世界選手権を制したトム・ボーネンは、同い年で誕生日も1日違いということもあり、とてもお気に入りの選手。


↑ だいぶ暗くなってきた


夕方になってくると、雲の合間から青空も見えてきて、とても穏やかな空が広がった。そして辺りは次第に暗くなっていった。夕暮れの中、コース上では絶え間なく選手達が走り続けている。


↑ ライトアップされたコース(写真:まーさん提供)


耐久レースは19時で終わりだが、18時半でピットが閉鎖する。つまり、最終走者は30分間走り続けなければならない。その枠を避ける戦いが始まり、皆自分に回ってこないように計算しながら走ったり。

自分の番としては最後と思われる順番が回ってきた。最後の走りは、オラオラモードでガンガン飛ばして走った。走り終えるのが惜しくて、5周した。しかし、忍者麺の計らいで他のメンバーは1〜2周で交代をし、ギリギリで最後におれの番が回ってきた。


↑ 最終走者がつくる集団(写真:忍者麺提供)


実は、最終走者として最後の30分間を走るのも、まんざらでもなかった。夏休みの最後の走りとなるので、「夏休み楽しかったな〜」とか色々思い出しながら、ライトアップされたコースを走り続けた。

最初は人の後ろに付いたりしていたが、そのうち千切れたりして、逆に先頭を引っ張ったりもした。ホームストレートを通過するたびに大声援(これは自分への応援ではないのだけれど)。セカンドウィンドなのか、自分でも不思議なくらい、ガンガン走り続けることができた。


↑ 最終走者としてラスト30分を走り終えたスナ(写真:忍者麺提供)


最終周回を無事に走り終えると、だいぶ待たされた後にウィニングラン。最後は花火が上がり、8時間走り続けた後の打ち上げムードがよかった。最終走者で走れてよかった。


↑ 8時間協力しあった仲間達


始めは何もわからなかったけど、終わってみれば、耐久系イベントがとても楽しいイベントだということがわかった。そして、色々と足りなかった物や知識などもわかったし、来年はこのあたりを踏まえた上で、是非とも参加人数を増やして、みんなでワイワイ盛り上がりながら参加したい。

走行日:2006/08/26
積算距離:14811km(ロード)

| 筑波8耐 | comments(0) | trackbacks(0)
1

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.