SUNAのきままな写真付き日記
PROFILE
記事や写真に感想などありましたら
気軽にコメントしてください♪
NEW ENTRIES
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PAST PICTURE
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from sunalife. Make your own badge here.
2012年の画像一覧
2011年の画像一覧
2010年の画像一覧
2009年の画像一覧
2008年の画像一覧
2007年の画像一覧
2006年の画像一覧
2005年の画像一覧
2004年の画像一覧
2003年の画像一覧
2002年の画像一覧
2001年の画像一覧
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RUN DISTANCE
年月 走行距離(km)
2009/12 0
2009/11 0
2009/10 50
2009/09 156
2009/08 178
2009/07 0
2009/06 0
2009/05 0
2009/04 0
2009/03 0
2009/02 0
2009/01 0
2008/12 0
2008/11 0
2008/10 123
2008/09 79
2008/08 0
2008/07 50
2008/06 0
2008/05 0
2008/04 0
2008/03 0
2008/02 0
2008/01 102
2007/12 0
2007/11 65
2007/10 66
2007/09 0
2007/08 341
2007/07 75
2007/06 56
2007/05 192
2007/04 65
2007/03 85
2007/02 250
2007/01 101
2006/12 361
2006/11 179
2006/10 301
2006/09 186
2006/08 586
2006/07 157
2006/06 169
2006/05 196
2006/04 91
2006/03 80
2006/02 252
2006/01 281
2005/12 60
2005/11 328
2005/10 240
2005/09 340
2005/08 770
2005/07 612
2005/06 236
2005/05 499
2005/04 398
2005/03 589
2005/02 474
2005/01 634
2004/12 397
2004/11 577
2004/10 305
2004/09 360
2004/08 723
2004/07 615
2004/06 523
2004/05 495
2004/04 351
2004/03 115
2004/02 388
2004/01 618
2003/12 994
2003/11 344
2003/10 281
2003/09 631
2003/08 125
OTHERS
映画『シャカリキ!』


DVDで映画『シャカリキ!』を鑑賞しました。大学生の頃に部室に置いてあったコミックを何度も読み返したほど好きなマンガです。映画もそれなりに楽しめました。

自転車好きなら読んでない人はいないというほどの名作『シャカリキ!』が映画化されたのは昨年の夏。自転車好きとして、嬉しい知らせでした。ただ、映画館で観ようと思うほどは心惹かれませんでした。

映画版では原作と設定が違い、微妙なところも随所にみられましたが、いくつか設定を借りた別の話と考えれば、原作を読んだ人もそれなりに楽しめると思います。

久しぶりにロードレーサーで走っている映像を見て、ぼくも自転車で走りたくなりましたね。

今は勉強に集中していることと週1日の休みを筋トレでの肉体づくりにまわしているので自転車の乗っていませんが、暖かくなってきたら、またロードレーサーに乗って気持ちよく走ろうと思います。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
ぼくたちと駐在さんの700日戦争


DVDで映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』を観ました。元ネタとなったブログは読んだことがありませんが、映画は純粋におもしろかったですね。

70年代の田舎町という設定のほのぼのした雰囲気と、しょうもないイタズラ合戦に笑いつつ、クライマックスの必死の決行にもハラハラしました。誰かのために全力を尽くすということは、美しいですね。

花火は季節外れですが、映画のクライマックスの打ち上げ花火に関連して、久しぶりに花火の写真を載せましょう。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『Into The Wild』


DVDで映画『Into The Wild』を鑑賞しました。実話に基づいた話というのに驚きです。大自然の映像美もよかったですが、自由とは、幸せとはなど、いろいろと考えさせる映画でした。

若さ故の無謀なところがあるにせよ、主人公は多くの人が体験できないような素晴らしい体験をし、自分の生きる道を進み、納得のいく人生を送ったのだと思います。

もし彼が大自然から戻ることができていたら、きっとまた違った素晴らしいドラマがあったのだと思います。この映画は、映画館の大スクリーンで見た方がよかったですね。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(2) | trackbacks(0)
『レッドクリフ Part機


映画『レッドクリフ Part機戮DVDで観ました。壮大なスケールで三国志の世界を映像化した、すごい映画ですね。すごくよかったです。

三国志といえば横山光輝のマンガ『三国志』が家に全巻あったこともあり、中学生くらいの頃にこれを全部読んで、ストーリーや登場人物はなんとなく頭に入っていました。

三国志の世界を映像としてここまで作り上げたことに、感心しました。構想18年、総制作費100億円というから、想像もできないほどのスケールですね。

続編の『レッドクリフ Part供戮2009年4月に公開されるようです。こちらもぜひ観たいです。映画館の大スクリーンで観たら、すごく迫力があってより楽しめると思いますね。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『デトロイド・メタル・シティ』


映画『デトロイド・メタル・シティ』(通称:DMC)をDVDで観ました。原作のマンガをとてもよく再現しつつ、うまく時間内にストーリーをまとめている、楽しい映画でした。

DMCは原作のマンガを途中まで読んだことがあり、クワウザーがジャック・イル・ダークと対決するところも読んでいるので、ストーリーでわからないところはありませんでした。

シリアスな映画が好きな人には退屈に感じるかもしれませんが、全体的にほのぼのとした(?)ギャグマンガの映画化と割り切って観ると、ある程度楽しめると思います。

改めて、松山ケンイチの演技力には光るものがあると思いました。ジョニー・デップみたいに、いろいろな役柄を演じられるいい俳優だと思います。今後の活躍も楽しみです。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『TOUR OPERATOR 知られざるツール・ド・フランス』


ドキュメンタリーもののDVD『ツアー・オペレーター 知られざるツール・ド・フランス』を観ました。自転車ロードレース好きとして、とても楽しめました。

2000年のツール・ド・フランスを、主にコフィディスチームの内部関係者の視点で追った映像です。(まだこのときは)若手の有望株であるデイヴィッド・ミラーが多く登場します。

今までも2004年のツールをCSCチームの視点で追った『OVER COMING』というドキュメンタリーを観たこともあるので、こういった視点の映像は初めてではないですが、これはこれでおもしろいですね。

ツールのようなレースは、どうしても選手達の活躍や結果に注目しがちですが、彼らを支えているマッサージャーやメカニックなど、内部関係者たちの努力はなかなか伝わってこないものです。

こういったドキュメンタリーをみると、選手達のレース以外の様子なども知ることができ、ツールをさらに深く知ることにつながり、より楽しむことができます。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『デジャヴ』


DVDで映画『デジャヴ』を観ました。日本では2007年に公開された映画で、デンゼル・ワシントン主演です。ミステリーかつスリリングで、見応えある映画でした。

「実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じる」というデジャヴの現象は、誰もが体験したことがあると思います。

話の中で、いくつもの伏線が張られ、クライマックスに次々と謎が解けていき、最後までハラハラドキドキの連続で、とてもおもしろかったです。

この映画を観ると、「もしも、デジャヴが過去(または未来)からの警告だとしたら?」ということを考えてしまいますね。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『20世紀少年<第1章>』


DVDで映画『20世紀少年<第1章>』を観ました。原作のマンガは読んだことがありませんでしたが、映画はそれなりに楽しめました。邦画にしてはすごくお金をかけている映画ですね。

スケールの大きさから「映像化不可能」と言われてきたそうですが、よく映像化したと思います。キャストも豪華だし、後半の巨大ロボットが出てきてからの映像には制作の苦労が伝わってきます。

原作どおりなのかはわかりませんが、予備知識なしでも楽しめるストーリーで、テンポよく話が進んでいきました。3部作ということで、続きがきになる終わり方でした。

第2章は今年1月末から映画館で公開されているそうですね。「血の大みそか」から15年経った2015年という設定で、どんな展開になるのか気になるところです。DVDになったらレンタルして観たいと思います。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(2) | trackbacks(0)
『容疑者Xの献身』


映画『容疑者Xの献身』をDVDで観ました。2007年に放送されていた月9のドラマ『ガリレオ』は観ていませんでしたが、予告などで気になっていました。「実におもしろい」映画でした。

原作の小説も読んだことがなく、ネタバレの内容の記事なども全く読んでいない、まっさらな状態で観たので、純粋に楽しむことができました。最後のネタ明かしでびっくりしましたね。

推理ものは、犯人やトリックなどを読む前に知ってしまっては面白味が激減してしまうので、余計な情報なしに物語を楽しむのがいいと思います。「論理的思考」で謎解きにトライしましょう。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
『おくりびと』


映画『おくりびと』をDVDで観ました。アカデミー賞外国語映画賞、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞したのも納得する、とてもいい映画でした。

納棺師という職業があること自体、この映画が話題になるまで知りませんでした。現実はいろいろと大変だと思いますが、人の最期の旅立ちをサポートする、大切なお仕事だと思いました。

それにしても、モックンの演技力は素晴らしいですね。チェロはこの映画のためにかなり特訓したのでしょう。もちろん、納棺の特訓もですね。

トライアスロンが趣味だったという大悟の父親役である峰岸徹さんは、この映画の上映期間中にお亡くなりになったそうですね。これも何かの運命だったのでしょうか。ご冥福をお祈りします。
JUGEMテーマ:写真


| 映画 | comments(0) | trackbacks(0)

Copyright (C) 2001-2012 SUNA All Rights Reserved.